よく聞くけど、その違いがいまいちわからなかったりしますよね。でも、ここでお勉強すれば完ペキです!
*TOP >パソコンを楽しむための基本 >パソコンの豆知識>「スタンバイ」と「休止状態」の違いとは?
PCスキルアップへの道

「スタンバイ」と「休止状態」の違いとは?

パソコンを終了するとき、「スタンバイ状態」や「休止状態」を選べるようになっている場合があります。

これらは、一時的にパソコンの使用を停止する場合などに、消費電力を抑えつつも、作業を中断したときの状態が維持されるというメリットがあります。

ではどのような違いがあるのでしょうか?


スタンバイ

  • CPUやハードディスクなどの電源はオフにするけど、メモリには電源が入っている状態。
  • 作業中のデータがそのまま保持されるので、作業を中断した状態からの再開が可能です。スタンバイ状態からの復帰も短時間ですみます。
  • 常にメモリへの電力供給が行われているため、ノートパソコンのバッテリーの持続時間が短くなるので注意が必要です。

休止状態

  • CPUやハードディスクに加えて、メモリのデータもハードディスクに待避させて電源をオフにするモード。
  • そのためスタンバイより復帰に時間がかかりますが、完全に電源オフと同様の状態となるため、ノートパソコンのバッテリーでも休止状態を維持し続けることが可能です。
  • ちょっと席をはずすぐらいなら「スタンバイ」、しばらく使わないけど作業中の状態を維持したいなら「休止状態」を選択するといいでしょう。

ただし、停電になったとき、「スタンバイ」ではメモリー上に残した作業内容がすべて消えてしまいます。

「休止状態」だと完全に電源オフと同様の状態となるため、停電が発生しても大丈夫。安全性も考慮して「スタンバイ」と「休止状態」を使い分けましょう。





スポンサードリンク



サイトメニュー



Amazon Product Cloud



Rakuten Widget



このページの先頭へ