パソコンを買ってきたときはもっと動作が速かったのになぁ・・て思うことありませんか?
*TOP >パソコンを楽しむための基本 >なるほど便利な小技集>「パソコンの動作が遅いなぁ・・」と感じたらこの方法で解決!
PCスキルアップへの道

「パソコンの動作が遅いなぁ・・」と感じたらこの方法で解決!

新しいパソコンを使っていても、使っているうちに(気づかないうちに?)パソコンの動作は遅くなっていくことがよくあるようです。

セキュリティ対策ソフトを使っている場合は、常時パソコン内部でメールや回線やプログラムを監視しているためにパソコンの動作が遅く感じることがあります。

これらの解決策としていくつかご紹介していきますが、大事なのは定期的にパソコンの大掃除をしてあげるということです。・・とは言っても、本当に分解して大掃除しないでくださいね(笑)



使わないソフトウェアを削除する

使わないソフトウェアを削除(アンインストール)することによってハード・ディスクの容量を増やし、不要なプログラムが起動するのを防ぐことができます。

ソフトウェア専用の削除ツールがある場合は、そのツールを使って削除してください。

ソフトウェア専用の削除ツールがない場合は、そのフォルダーやファイルを削除するのではなく、「アンインストール」を行います。


アンインストール方法

  1. スタートメニューから[設定]→[コントロールパネル]→[プログラム(アプリケーション)の追加と削除]を選択。

  2. [プログラム(アプリケーション)の追加と削除]ダイアログが表示されたら、アンインストールしたいソフトウェアを選択して[削除]ボタンをクリックします。(ここで終了することもあります。)

  3. 「選択したアプリケーションとそのすべてのコンポーネントを完全に削除しますか?」などと聞かれたら[はい]をクリックします。

  4. 再起動を促すメッセージが表示されたら[はい]をクリックします。
    自動的に再起動がかかります。


使わない「常駐ソフト」も削除しましょう!

常駐ソフトとは、パソコンの起動と同時に起動して、常に動作しているプログラムをいいます。その多くは画面右下のタクストレイに表示されています。
日本語入力ソフトやウィルス対策ソフトなどがこれに当たります。



Cドライブの空き容量を増やす

Cドライブに保存しているデータの中には、少なからず不要なファイルや使用していないアプリケーションがあるはず。これらをできるかぎり削除してください。

また「ディスククリーンアップ」機能を使用して、「Temporary Internet Files」、「ダウンロードされたプログラムファイル」、「ごみ箱」、「一時ファイル」なども削除します。


ディスククリーンアップの方法

  1. [マイコンピュータ]を開き、ハードディスクドライブ(Cドライブ)を右クリックして[プロパティ]を選択。

  2. [全般]タブの[ディスククリーンアップ]ボタンをクリックします。

  3. 削除するファイルの一覧が表示されたら[OK]をクリックします。


「ごみ箱」の容量を減らす

不要になったファイルやフォルダを削除すると、一度「ごみ箱」に保存されますよね。実はこの「ごみ箱」、中身が空でも「ごみ箱」用として、Cドライブの一定容量を使用しています。

「ごみ箱」に割り当てるハードディスクの容量を減らすことで、ドライブの空き容量を増やすことができます。



ハードディスクの最適化(デフラグ)を行なう

パソコンの動作が遅くなる原因のひとつとして、ハードディスクドライブの「断片化」が考えられます。

通常、ファイルは未使用領域の先頭から順番に書き込まれていきますが、ファイルの削除や保存が繰り返されるうちにその未使用領域に断片的な隙間がいくつも生じてきます。

この状態を「断片化」と言いますが、このような状態の時には、Windows に標準で搭載されている「デフラグ」を実行すると、ファイルの断片がすべてまとめられて1カ所に配置され、断片化が解決されます。

この作業によりファイルの読み取りが大幅に高速化されます!



ハードディスクの最適化(デフラグ)の方法

  1. [マイコンピュータ]を開き、ハードディスクドライブ(C,またはD)を右クリックして[プロパティ]を選択。

  2. [ツール]タブの[最適化する]ボタンをクリック。

  3. [ディスクデフラグツール]のウィンドウが開いたら、[最適化]ボタンをクリック。

  4. 最適化が終了すると完了を知らせる画面が出てくるので[閉じる]をクリックして、さらにウィンドウを閉じます。

※「常駐ソフト」をすべて終了させておく必要があります。
※一般的には「Cドライブ」を最適化します。



メモリを増設する


いくらCPUが高速でも、搭載されているメモリの量が不足していると、全体的に処理が遅くなります。この問題は、メモリを増設することで改善できます。

メモリの増設の目安は、使用環境(OS)により大幅に異なりますが、CPU速度の4分の1ほどのメモリが搭載されていれば、それほど不自由はないと思われます。

「マイコンピュータ」を右クリックして プロパティを選択すると、搭載されているメモリの量を確認できますよ!

メモリの増設は、パソコンによって選ぶメモリが異なったり、本体を開けて作業しなければいけないため、初心者の方は上級者やお店の人などに増設してもらった方がよいでしょう。



市販のソフトウェアを利用して高速化する

市販のソフトウェアを利用すると簡単にパソコンの高速化ができます。
「今よりもさらに高速化したい!」という方におすすめです。

Amazon.co.jpで今一番売れている「高速化」ソフトをチェックしよう!






サイトメニュー



Amazon Product Cloud



Rakuten Widget



このページの先頭へ